マンションの査定は相場を十分に把握しよう

般媒介契約の場合には複数の不動産業者と契約を結ぶことが可能

具体的には一般媒介契約の場合には複数の不動産業者と契約を結ぶことが可能で、また手数料は実際に販売に貢献をした不動産業者に支払うことになるものですが、専任媒介契約の場合にはあらかじめ取り扱うことができる不動産業者を固定し、その不動産業者が実際には買い手を探していない場合でも契約の際には必ず仲介を行わなければならず手数料も受け取ることになると言う仕組みになっています。
そのため多くの不動産業者は専任媒介契約を行うために非常に力を入れる傾向があり、査定の段階でその契約について要求をしてくることも多いので注意が必要となるのです。
査定の段階で契約を要求してくる業者の場合にはそのほとんどが専任媒介契約を要求することが多く、1度契約を結んだら実際の仲介活動は行わなくても最終的に自らのところに手数料が入る仕組みとなるため、積極的に売却活動を行わないと言う問題も発生しがちです。
そのため、不動産業者の査定の際にはどのような契約を望んでくるのかに関しても十分に確認をすることが必要となるのです。
マンションを売却する際には不動産の売却に関する契約に関し充分に知識を得ておくことが大切です。
マンションは近年非常に人気が高く適正な価格であればすぐに売却することができるものとなっているので、複数の不動産業者に評価をさせた上で様々な点で納得できる業者に依頼し、また仲介契約についてはその内容を十分に確認した上で行うことが必要となります。

マンション査定<を行う際には相場を十分に把握することが重要良い不動産業者を見つけるために般媒介契約の場合には複数の不動産業者と契約を結ぶことが可能

マンション 査定中古マンション売却価格をネットで無料査定するならマンションナビ